Miner's Casket

ellemoimin.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

朝の工場 in 堺泉北臨海工業地域

a0055581_0311145.jpg

a0055581_0315447.jpg
朝は海が凪ぐから?
海面への映りこみがはっきりくっきり。

関空への行き帰り、
湾岸線からの工場地帯の眺めは楽しみの一つです♪
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-30 00:35 | フォト
2008年 07月 29日

ニュー丹波-阪神沿線の居酒屋①

a0055581_2231376.jpg
ニュー丹波は阪神本線千船駅から徒歩2分(推定)。
駅前の地下にあるお手軽な飲み屋さんです。

ここのお薦めの一つが…、
a0055581_11512783.jpg
この造り盛り合わせ!
肉厚で美味なのですよ~。
ただ仕事が終わって遅くに行くと良いネタがなくて、
白身だけの盛り合わせになったりするのですが…(;_;)

a0055581_224890.jpg
そして私が必ず注文するのがこのごぼうチップス。
山盛りごぼうチップスと生中、それだけで良い!

その他居酒屋的メニュー何でも揃ってます。
どれもこれもリーズナブルで美味しい~。
飲み物ですと、梅酒が色んな種類をおいてます。

定期的に行きたくなる、
というか通っている、
私の中では聖地とも言える飲み屋さんです。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-29 12:40 | 食べ歩き
2008年 07月 28日

夜のパルプ工場

a0055581_22165212.jpg
北兵庫からの帰り道、
丹波市の山中で見つけたパルプ工場。
始めて通った時すごい量の煙が山に立ちこめていたため、
私達は山火事かと思いました^^;

もわもわと立ち上る煙が幻想的!
夕景や昼間にも撮ってみたい工場です。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-28 22:24 | フォト
2008年 07月 27日

落日

a0055581_015374.jpg
早朝にプノンペンから帰ってきて、
その足で工場へ仕事をしに行きました。
仕事始めは明日ですが、
バタバタと出国したためちゃんと仕事を終わらせて行かなかったんです^^;

で、カリカリと雑務を片づけていたら所長や部長が出勤してきてました。
お休みなのに熱心だなぁ。

そして夕方には帰社。
帰り道に工場の方を振り返るとなかなかドラマチックな工場のシルエット。

あぁ休暇が終わって戻ってきたなぁ…としみじみ思いました。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-27 00:22 | フォト
2008年 07月 26日

終わった!

私のゴールデンウィークがようやく終結。
なんとかお盆の旅行にかぶらず全部書くことが出来ましたよ!

次の旅行のプランとしては、
①タイでブルートレインに乗ってチェンマイとスコータイへ行く。
②プノンペンを経由してカンポットやタケオ、シハヌークビル。
③シェムリアップで遺跡巡り。(またかよ)
④インドネシアのジャワ島で遺跡巡り。
⑤ツバル

⑤が一番難易度高そうで、
しばらく実現しなさそうですが、
しばらくとか言ってるうちに行けなくなりそうなので、
ここは本格的に南太平洋方面について調べ始めるべきかも。
沈んじゃったらねぇ…年々暑くなってるし。
今コレを書いてて思いました。
次の年末はまたカレンダーの並びがとても良いしね!

とりあえず、まずは今年のお盆に行く、
長崎・崎戸のことを考えよう!
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-26 23:44 | 雑記
2008年 07月 26日

帰途

さて、プノンペンでの町歩きからホテルへ戻り、
喫茶店で紅茶を飲んで少し休憩。

たまたま客が重なっていたからか、
私は勝手に席に座りしばらく放置プレーだったんですが…。
(この辺りがどこが五つ星なのかしら~と思った所以)

そして預かってもらっていた荷物をフロントで受け取り、
タクシーで空港へ。

以下ひたすらメモ的日記なので隠しますね。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-26 20:35
2008年 07月 26日

タイムスリップ! sanpo

セントラルマーケットから出て、次は南へ。
職場や友人へのお土産を買うべく、
日本人向けのお土産屋さんへ向かいます。
これまでの旅行でローカルのスーパーマーケットで買ったお土産は、
友人や上司にすこぶる評判がよろしくないのです^^;

a0055581_1819922.jpg
排気ガスを避けるため、
モニボン通りから一本西の通りを歩いてみることにしました。
映画のセットのような町並み!
大通りよりも生活感があります!

a0055581_18384951.jpg
曇りがちの空と夕方特有の斜めからの黄色い光りで、
セピアやモノクロ写真のような雰囲気です。
なんだか一昔前を垣間見ているような気分になりました。
時間があれば、
小さな路地も覗いてみたかった!

a0055581_1993841.jpg
バルコニーで夕涼み。
お店の前で座ってるおじちゃん・おばちゃん達はお仕事中と言えるのかな?

a0055581_19195282.jpg
お金を渡してお菓子を受け取ろうとする女の子。
街で見かけたかわいい一幕。

a0055581_19191158.jpg

おじいさんを乗せた車椅子を押す少年。
おじいさんは弦が2本張られた楽器を片手の歌を歌っています。
歌は民族音楽なのか何なのかは分かりませんが、
うめき声のような声で決して心地良いものではありません。
野菜を売っていたおばさんがお金を渡していました。
外国人相手じゃない物乞いもあるんだなぁ…。
写真を撮らせてもらったし…と思い私も少年に少しのお金を渡しました。

a0055581_19285198.jpg
と、ふらふら街を歩いていたのですが、
いよいよタイムアップ。
このままお土産屋さんまで歩いていては帰る飛行機に乗り遅れてしまいます!
近くにいたトゥクトゥクに声をかけ目的のお店へ。
そうして急いで言ったお店は定休だったのでありました。
仕方ない、お土産は空港で買いましょう。

これでプノンペンの町歩きもおしまい!
後は飛行機に乗って帰るだけです。

今回の旅行ではもうプノンペンはいいや…と飽きるほど堪能して、
次は違う場所へ行こう!と企んでいたんですが、
来てしまえば、さらにやりたい事見たい事を発見してしまうんですね。

初めてカンボジアへ来た時、
日本と全く違う風景に「今まで訪れたどの国よりも異国だ!」と感動したのですが、
今回も最後の町歩きでさらに「異国」を感じ、
ますますカンボジアのフォーリンラブ。

私はまたプノンペンへ行きたいです!
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-26 19:43
2008年 07月 21日

セントラルマーケット in プノンペン

a0055581_17385349.jpg
ずっと行ってみたいと思っていたセントラルマーケット!
何度かトゥクトゥクやバイクで通り過ぎてはいたものの入った事はなく、
実はガイドブックの写真で見て以来、この黄色い建物の大ファンなんです。

プノンペンの街はこのマーケットを中心に広がっています。
ちょっと古びてはいますが、
その中心にふさわしい意匠が感じられるドームだと思います!

ぐるっと一周してその外観を堪能してから早速中へ~。

a0055581_22105915.jpg

a0055581_22133940.jpg
これは建物の外に広がっているテントの中。
生鮮食品や日用雑貨などが所狭しと並んでいます。
こういう市場の野菜を見ていつも思うのだけれど、
こんなに沢山冷蔵庫もないところに並べていて、
余ったら全部捨てるのかしら…。

a0055581_22164992.jpg
憧れのドームの中へ!
マーケットの中心部は宝飾関係のお店がずらり。

a0055581_22225044.jpg
思ってた通り、ドームは中から見てもかっこいい!
時計はそれぞれ違う時間を指しています。
時間が日本ほど重要じゃないのかもしれませんね。

a0055581_22264145.jpg
アクセサリー屋さんのショーケースの上に置いてあった商品。
カットしてあるようなやつは明らかなイミテーションだから良いとして、
真ん中ら辺に映っている着色された石英のような石、
店員は天然の色だと言い張っていました(^^;)
これは見る人が見れば明らかな着色なんだけど…。

a0055581_2232574.jpg
一店だけ原石を扱っているお店がありました。
そこで気になって見せて貰ったのがこの写真の石。
これは天然だとしたら、オブシディアン!
しかしこれほど大きいのに特に内包物が少ないので人工かもなぁ。
ラオス産のオブシディアンは鉱物標本市場でたまに見かけますが、
店員いわくカンボジア産。
ガラスの欠片でも好きだから、別に人工でも良いんだけどね。
結局はこの商品が片手で持つのも大変なぐらいの大きさがあったことと、
値段で折り合わなかったことで商談は不成立となりました。
店員さん長居したのにごめんね…。

a0055581_22435527.jpg
うーん煌びやか!
きっとそんなに安いものじゃないと思うのですが、
こんな風に並べられるとたたき売られているような気がしてしまいます。

a0055581_22463139.jpg

a0055581_22522622.jpg
お洋服のエリアにはこんな風にお針子さんがいっぱい!
ここは製造現場でもある訳です。

a0055581_2253572.jpg
最後は甘味処で一服♪
ココナッツミルクやゼリー系に目のない私、
カンボジアンスィーツははっきり言って美味しい!
街のあちらこちらでもワゴンで売ってて、
お腹は特に空いてないのに買ってしまったりして…。
かなり歩いていたのに全然ダイエットにならない…そんな旅。

a0055581_2333711.jpg
適当に指差しで、
仙草ゼリーみたいなのと寒天みたいなのを選びました。
そしてココナッツミルクと氷を上からかけてできあがり。
暑いカンボジアで体に染み入るスィーツです。

a0055581_2384173.jpg
さてさて、外が曇ってまいりました。
雨季さしかかりのこの時期は夕方必ずと言って良いほど夕立が来ます。
先を急ぐと致しましょう。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-21 17:38
2008年 07月 21日

プノンペン散策-古い建物を探して-

a0055581_1203763.jpg
プノンペン滞在最終日、
カーテン越しの太陽光で目を覚ましました。
確かちょうど7時ぐらい。
日の出には遅れをとってしまったけど、
なかなかきれいな空!

そしてチェックアウトタイムまでだらだらと部屋で過ごし、
正午から夕方までの時間はゆっくりと街歩きです。
ルートは特に定めず、
セントラルマーケットまでの徒歩の旅。

a0055581_12353642.jpg
プノンペンの街はとにかくバイクが多い!
排気ガス以外に砂埃もすごいのでマスクは必需品。

a0055581_124273.jpg
しかしこの交通秩序…。
よく事故が起きないものです。
かくいう私も横断歩道以外での道路横断が、
この一週間で格段に上手くなった訳ですが。

a0055581_12565676.jpg
ラッフルズ・ホテル・レ・ロイヤル。
1929年にル・ロイヤル ホテル プノンペンとして創業開始し、
1997年にラッフルズインターナショナルによりリニューアルオープン。
プノンペン屈指の高級ホテルです。
交通量の多いモニポン通りを曲がってこのホテルのエントランスの方へ行くと、
その喧噪はどこへやら。
正面から見ると新しい建物のようにも見えますが、
横から見ると古い建物だという事が分かります。
いつかこのホテルの4回正面の部屋に泊まって街を見下ろしてみたいなぁ…。

a0055581_12334023.jpg
痛々しい姿の洋館。
内戦の時にこうなったのかな?

a0055581_1654858.jpg
多分そんなに古い張り紙ではないと思うのだけれど…、
壁はとても古そうです。

a0055581_12383870.jpg
この写真の建物は屋根に大穴が。
でも玄関口から人が出てきました。
普通に使われてるんだ!

a0055581_16553813.jpg
この洋館も古そう!
何の建物なのかは持ってる地図には載っていませんでしたが…。
アメリカ大使館の近くです。

ちなみにアメリカ大使館の警備はなんともピリピリしていました。
外から写真を撮ろうと思ったのですが警備の人がじろじろとこちらを見るので、
ついつい尻込み…^^;
まぁマスクに帽子ですから怪しいことこの上ないですものね。

a0055581_1417557.jpg
歩道の木陰で一休みするシクロドライバー。
気持ちよさそう…。

a0055581_1734697.jpg
銀行が集まる界隈で見つけた建物。
確かこの建物も銀行だったかと…。
バルコニーの欄干のデザインが可愛い!

a0055581_1763441.jpg
建て増し?
銀行街のほど近くにあったアパートメント。

a0055581_1784893.jpg
大きな建物を建ててますねー。
いつかプノンペンもバンコクやホーチミンシティみたいになるのかなぁ…。

a0055581_17143959.jpg
階段状なのが面白いアパートメント。
モニポン通り沿いにあります。

a0055581_17165949.jpg
さて今回の散策でお昼ご飯はここ!と決めていたKFCを発見!
昨年出来たカンボジア1号店です。
プノンペンにはまだマクドナルドもセブンイレブンもありません。
しかしこうやって世界資本が段々と入ってくるんでしょうね。

a0055581_17203496.jpg
味は普通でした。
タイで食べたチキンは独特の味がしたので、
クメール風味を期待していたんですが…。

またタイ張りのガンガンのクーラーかと思ってましたが、
店内は空調が効いていながら生ぬるい空気。
カンボジア人の好み?もしくはエコ?
多分あれは28度設定だ!

新旧入り交じるプノンペン。
私は断然古い建物大好き派だけれど、
老朽更新の時期でもあるし、
近代的なビルと比べれば不便な点もあるのでしょうね。
どんどんと古い町並みは姿を消しています。
だから私は今の姿を見てみたくて旅を急ぐのです。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-21 14:19
2008年 07月 16日

5つ星?プノンペンホテル

コンポンチャムから戻り、
私がまず向かったのは旅行会社です。
バスが到着するセントラルマーケット付近の旅行会社は、
軒並み日曜定休だったのですが、
リバーサイドの方まで出るとさすが観光客が多いエリア、
開いてる旅行会社がありました!

で、何を手配してもらったかと言うと、
その日の宿。
やはり最後の一泊ぐらいは良いホテルで泊まりたいなぁ…と思いまして。

開いてる旅行会社があって良かった!
いきなりホテルに行ったら高いですものねー。

15分ほどでこの日のホテルが決まり、
朝にチェックアウトして荷物だけ預かってもらっていたゲストハウスに荷物を取りに戻り、
早速城へ!

熱いシャワー浴びたい!
クーラーの効いた部屋で寝たい!

ゲストハウスはゲストハウスの良さがありますが、
今回の旅行では、
最後の快適な部屋のための長い助走のようなゲストハウスステイでしたね。
バンコクでの宿以外はあまり多くを語ってきませんでしたが…。
ゴキブリとかね、蟻とかね、匂いとかね。
色々とあったのです。
それでプノンペン滞在の楽しさが傷つけられた訳ではありませがね。

a0055581_23593457.jpg
という訳で今日の城に到着!
シティービューをという私にリクエストに対して旅行会社の人が探してくれたのは、
モニポン通りに面するプノンペンホテル。

裸足でも歩けそうなきれいな部屋!
ダイブしたくなる大きなベッド!
写真を撮ってから文字通りダイブ!

a0055581_07114.jpg
一瞬訳分かりませんでしたが、
お風呂です。
なるほど、これならトイレが濡れてしまうことも無い訳だ。
色んなボタンが付いてて、
お湯を出すために手当たり次第に押していたら、
非常ベル?を鳴らしてしまったりしたのだけれど…。
部屋の中の人に知らせるためのもののようで、
特にホテルマンが駆けつけたり電話が掛かってきたりはせず。
うん、絵の説明ぐらいあっても良いものだと思うけど、少し不親切。
しかし、結果的には熱いシャワーを浴びて体をピカピカに出来たのだから、
良しとしましょう。

a0055581_0272597.jpg
次の日の朝に撮った写真ですが、
これがエントランス。

a0055581_0282536.jpg
そしてこれが外観です。
後で調べたところラックレートはシングルルームは140-200ドル。
旅行会社を通して支払ったのは85ドルですが、
カンボジアの物価を考えればなかなかの高級ホテルだったんだと思います。
そして地球の歩き方を日本に帰ってきてから見て、
5つ星ホテルだった事を知りました。
五つ??
日本でもそんな高級ホテルって泊まったことないから良くは分からないんだけれど、
星の基準ってなんだっけ…。

そんなに良かったかなぁ…と思いつつも、
滞在中はマッサージを受けて、
きれいな部屋でゆっくり眠り、
疲れはすっきり。
ビュッフェスタイルの朝ご飯を堪能して、
チェックアウトタイムまでMTVを流しながらゴロゴロ…。
ホテルライフを満喫したのでした。
[PR]

by ellemoi_ana | 2008-07-16 23:35